仕事を辞める時は前向きに

賃金面で不満がある、職場での人間関係がうまく構築できない、などのマイナスな理由で仕事を辞めることを決意したとしても、何も考えずに辞めてしまうというのは得策ではありません。嫌気がさして今の仕事を辞めるという人の場合、少なからず次の仕事はとりあえず辞めてから考えるという人もいるようですが、それでは再就職に失敗してしまうことがあります。マイナスな理由で今の職を辞める時であっても、常に前向きな気持ちで仕事を辞めるようにすることが、つぎの就職で失敗しないコツにもなります。たとえば前向きな気持ちで仕事を辞めることを考えると、次にすべきことが見えてきます。何か次の仕事で目指すものができているのであれば、今の仕事を辞めたあとに必要なことが見えてくるものではないでしょうか。たとえばつきたい仕事が見つかったら、それになるために自分には何が欠けているのか、ということを知ることができますし、そのためにスキルアップや資格取得などが必要になることがわかる場合もあります。マイナスな理由で仕事を辞めるときにはすぐにその仕事から離れたいと思いがちですが、前向きな気持ちで辞めるのであれば仕事を辞めるまでにも必要な備えについて考えることができるので、次の再就職を考えたときにも余裕を持つことができます。

仕事を辞めたい人が考える不安

今の仕事が自分に向いてなかったり、待遇面での不満が募ってしまったりすると仕事を辞めたくなることがありますが、それでも実際に仕事を辞めてしまうというような人は、辞めたいと考えた人の中では、割合的には少ないのではないでしょうか。現状の仕事になんらかの不満がある場合でもおいそれと仕事を辞めてしまうという選択をすることは通常では難しいものでしょう。それではなぜ不満を抱えながらも仕事を辞めずに継続する人が多いのでしょうか。それは仕事を辞めるということに対して、多くの人が不安を抱いているからだといえるでしょう。もっとも多くの仕事を辞めたいという人が辞めずにいる理由となっている不安というのは、やはり再就職先を見つけることができるかということであるでしょう。海外では自分の待遇面やスキルのアップを狙って転職するということは非常に多いのですが、この日本では終身雇用制度が崩壊したとはいえ、転職するときに待遇面、スキル面で優遇される再就職ができる人はごく限られた人であるのが現状です。そのため今現在の仕事に対して不満がある場合でも、再就職先の待遇が現状よりもよいものになるだろうかという不安や、最悪再就職ができないのではないか、という不安からなかなか仕事を辞めることができないという現状があるようです。